0 COMMENTS

自身のライフステージに合わせ一生活躍することが出来る歯科衛生士

資格を取得することで、将来に渡って長く活躍することの出来る歯科衛生士は、現在も女性を中心に人気の職業の1つです。
歯科衛生士は国家資格になりますが、資格試験を受けるには高校卒業後に、歯科衛生士の養成の学科を持つ専門学校や大学で知識や技術を学ぶ必要があります。これら歯科衛生士養成機関を卒業することで、歯科衛生士の国家試験の受験資格を得ることが出来るのです。

以前は、受験資格を得るまでの就業年限は2年以上とされてきましたが、現在は3年以上となりました。より多くの知識や技術を持って受験に望むことになったと言えます。
歯科衛生士の国家試験は、毎年3月初旬に行われています。合格すると、厚生労働大臣によって歯科衛生士名簿に登録され、歯科衛生士免許が与えられます。
歯科衛生士の仕事は、法律上3つの業務と定められています。

1つめが、歯科予防処置です。歯科医師とは異なり、歯を削ったり詰めたりといった治療を行うことは出来ません。代りに虫歯や歯周病を予防する為の処置、フッ素塗布や歯垢や歯石などの除去といった口腔内の汚れを取り除く、予防的
な医療技術を行います。

2つめは、歯科診療の補助です。歯科の診療は歯科医師をメインに行われますが、歯科衛生士は診療の補助と共に、歯科医師の指示を受けて治療の一部を担います。
最後に、歯科保健指導となります。虫歯や歯周病は生活習慣病とも言われているように、治療よりも生活習慣を改めて予防することが大切になります。その為の専門的な指導が不可欠であり、歯磨き指導を中心として歯や口腔内を清潔に
保つ為の指導が、歯科衛生士の大切な仕事になります。

歯科衛生士は、国家資格ですので、結婚や出産などで、一時的に離れても自身のライフステージに合わせて再度就職することが出来るので、一生活躍することが出来る仕事です。求人件数も年々増加傾向にあり、今後増々人気が高まる職業だと考えられます。

ピカピカ八重歯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です