0 COMMENTS

歯科医と患者を繋ぐ橋渡し役

歯科衛生士とは歯科衛生士法に基づいて厚生労働大臣免許の国家資格となっています。
その仕事内容は歯科医師の指示のもとによる歯科予防処置・歯科診療補助・歯科保健指導等を行います。その為、単独で診断や治療・レントゲン撮影等は行うことは出来ません。

資格取得の方法は3年制以上の専門学校や短期大学・大学等にて専門教育課程を修了し、歯科衛生士国家試験に合格する必要があります。

仕事内容に上記の3点を挙げましたが詳しく説明を行います。

1・歯科予防処置
人が歯を失う原因のほとんどは「虫歯」と「歯周病」です。
この2つの原因を予防することで歯を失う可能性を大幅に減らすことが出来ます。その予防の為に歯への薬物塗布や、歯垢・歯石等の蓄積する汚れを除去する医療技術を用います。

2・歯科診療補助
歯科診療は歯科医師を中心としたチーム医療で行われるケースが多く、その中で歯科衛生士は歯科医師の診察の補助を行いますが、歯科医師の指示を受けて歯科治療の一部を担当することもあります。視界診療補助の範囲は広く歯科医師と患者とのコミュニケーションを橋渡しする役目など、円滑な診療を行う為にも必要な職種といえます。

3・歯科保健指導
むし歯や歯周病は生活習慣病といえます。その為、歯科予防処置を行っても本人自らが生活習慣を改めなければ効果が得られません。歯科衛生士は幼児から高齢者まで各世代に応じた専門的な指導を行うことで、正しい生活習慣やセルフケアの向上を図ります。
更に、最近では高齢者や要介護者の摂食・嚥下機能訓練も新たな歯科保健指導の分野となっています。

歯科衛生士は国家資格なので結婚や出産で一時的に職を離れても再就職に強い仕事であり、経験を重ねることで活動する分野が広がる働き甲斐のある職種といえます。

ピカピカ八重歯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です