0 COMMENTS

歯科衛生士として

私が歯科衛生士の資格をとったのはもう20年も前の事になります。高校卒業を前に将来について自分なりに色々と考え、家族の助言もあり何か資格を持っていた方が良いだろうと思い歯科衛生士の専門学校に進む事を決めました。

今は3年制になっているようですが、当時は2年間だった学校生活はそれなりに楽しいものでした。

病院での実習等はやはり大変でしたが、無事卒業し国家試験に合格して歯科衛生士の資格を取る事ができました。

その後歯科衛生士として働きながら結婚をして出産もし、今でも2人の子育てをしながら週4~5日働いています。

年齢と共に体力的にだんだんキツクなっていくのは事実ですが、やはり資格を持っていればいくつになっても働くことができるというのはすごい事だと思います。

学生当時一番の仲良しだった友人も同じようにまだ現役で頑張っています。
でも、残念ながら結婚や出産を機に仕事を辞めてしまいその後復帰していない友人も何人かいます。

皆それぞれ色々な事情があるのだと思いますが、せっかく資格を持っているのに仕事復帰しないのはもったいないと私は思います。
私は身体が動く限りそして必要としてくれる歯科医院がある限り歯科衛生士として仕事を続けていきたいと思っています。

小学校5年生の娘が最近「私もお母さんと同じ仕事がしたい」と言い出して、ちょっと嬉しく思っています。
この先彼女の夢はまだまだ変わっていくかもしれませんが、彼女にもやはり何か資格を持つ事を私は勧めたいと思っています。

ピカピカ八重歯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です