歯科衛生士の仕事内容はどんなもの?

歯科医院には歯科医師、歯科衛生士、歯科助手などが常に在勤しています。
今回はその中で歯科衛生士にスポットを当ててみました。
歯科衛生士と歯科助手の違いは何なのでしょうか。
仕事内容はどういったものがあるのか。詳しくお教えいたします。

歯科衛生士の仕事内容は歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導があります。
歯科予防処置とは主に歯石を専用の器具で除去したり、歯垢を歯ブラシなどで取り除いたりすることであります。
虫歯は歯周病が原因で起こることが多いため、その原因となる歯石などを取り除くことはとても大切な処置であるのです。

歯科助手は基本口の中を触ることはできないとされています。
その一方歯科衛生士は国家資格があり、それに合格した者だけがなれるものであり、歯科衛生士には難しい技術が必要とされています。
その他にも仕事内容としてレントゲン撮影の補助を行ったり歯型をとる手伝いをしたりします。
参考:新大阪衛生士専門学校

基本医師の手助けをすることが仕事であり、医師が足りない現在では歯科衛生士という立場はとても貴重な人材であるのです。
そして、患者への歯ブラシ指導を行ったりすることも歯科衛生士の大切な仕事であります。
虫歯を防ぐために一番大切なことはやはり日々の歯磨きでしょう。

虫歯になりにくい正しい歯磨きの仕方をできるだけたくさんの人に教え、伝えていくことも歯科衛生士の仕事です。
歯磨きの方法だけではなく、食事の仕方や食事内容、噛み方を教えることもあります。
歯科衛生士は仕事は幅が広く、奥が深い仕事であるといえるでしょう。